医療と繊維のプロが考えたATSUGI WELLNESS

「ひざサポーター」

歩きたくなる、ブースト設計/履き口部分ナノファイバー使用でズリ落ちにくい/外に流れにくい構造/着用時に各部ベルトが膝をしっかりサポート!
  • 左ひざ専用

    ひざサポーター 男女兼用

    ひざサポーター ¥4,400
    男女兼用: S / M / L / LL

    左ひざ用のご購入はこちら
  • 右ひざ専用

    ひざサポーター 男女兼用

    ひざサポーター ¥4,400
    男女兼用: S / M / L / LL

    右ひざ用のご購入はこちら
知っていますか?「子供と一緒に運動がしたい」「階段の上り下りが悩み」「立ち仕事でひざの負担が大きい」など、日本国内でひざ関節の悩みを抱えている方は約2500万人
そこで

国立病院機構徳島病院との共同企画

日本国内には、ひざの悩みを抱えている方が約2,500万人おられます。その数は、社会の高齢化とともに増加の一途をたどります。ひざ関節のしっかりとした動きは、医療や介護に頼ることなく自立した生活を送ることができる期間に関わります。私たちは、ひざ関節の動きをサポートし、負担を軽減、長く自立した生活を送っていただくことを願い、このサポーターを開発するに至りました。

デザイン・監修 高田先生 デザイン・監修 高田先生

独立行政法人国立病院機構徳島病院リハビリステーション科外科系診療部長・総合リハビリテーションセンター長

ひざサポーターを、左右に着用してもらい国立病院機構徳島病院で検証済! 検証結果:着用により大股で少ない歩数で早く歩ける

  • 着用により大股で歩ける

    股関節角度表
  • 着用により少ない歩数で歩ける

    歩数表
  • 着用により早く歩ける

    10m歩行時間表
ATSUGI WELLNESS 「ひざサポーター」

「気持ちよく歩く」ことが期待できる!ブースト設計のヒミツ

  • ヒミツ1

    ひざの構造を理解した
    左右別デザイン

    ひざの構造を理解した左右別デザイン

    靴にも左右があるように脚の構造や機能は左右同じではありません。脚に合わないひざサポーターはかえって症状を悪化する可能性も…。ATSUGU WELLNESSは、ひざの構造に合わせた左右別設計なのでひざをしっかりサポートします。

  • ヒミツ2

    「着用時に各部ベルト」で
    ひざをしっかりサポート

    各色ごとに各部ベルトがひざをサポート!/内側広筋(後ろ側は内側緋腹筋)に圧を加え 、ひざの曲げ伸ばしをサポートします。/ひざが外に流れないように内側へ引っ張っています。/ひざ頭(膝蓋骨)が外に流れないように内側へ引っ張っています。/内側部分と上下、外側部分は、サボーター全体の構造を強化しています。

    ひざがぐらつくと、ひざ関節が部分的に擦れ、痛みにつながる可能性があります。ATSUGU WELLNESSは、ひざが外に流れにくい設計なので、各部ベルトがひざをしっかりサポートします。

  • ヒミツ3

    動きにぴったりフィット

    ひざの動きにフィット!

    伸縮素材「ライクラ®ファイバー」を使用。体の動きにぴったりフィットし、着用時のストレスを軽減できます。
    履きやすく、アウターに響かないので、ファッションの自由度を妨げることもありません。

    サポート力、伸縮バランスのよさ、たるみにくさ、つっぱりにくさ、着脱容易性があります
  • ヒミツ4

    ズリ落ち防止

    ひざの構造を理解した左右別デザイン

    大きな摩擦力で滑りにくくし、
    ズリ落ちの不安も減らします。
    履き口部分にナノファイバー(極細繊維)を使用。ナノファイバーを束ねることで、一般的な繊維に比べて数十倍の接触面積を実現

みんなの口コミ

  • 60代

    着用時、膝は押さえられ、安定感がありました。上下のゴムの部分が少しきつかった。運動する時に着用してみたい。運動翌日も効果的だと思います。

  • 50代

    初めての着用時は、はきずらくきつい感じがしたが、慣れれば問題なかった。
    はいている時は、違和感なく、楽に感じる時もあった。

  • 50代

    階段の登り降り時、サポートされていて楽に感じました。

  • 50代

    階段を上がる時に足が軽くなり驚いた。急坂を登り降りしてみた。足が軽くいつもより楽に早く登れた。ヒザの曲げ伸ばしが非常に多い職場ですが、日頃より楽に動けた様に思います。

  • 40代

    履き心地良く立っているだけでもサポート力がすごく自分の筋力が通常無い事を実感しました。

  • 40代

    着用時、足が前に出る様な感覚ではずむ様に歩けました。階段も楽です。

  • 40代

    つけないより、つけた時のほうが、軽くなり楽な感じです。

  • 40代

    サポーターが良い位置にある時は足がとても軽くなりよかった。

  • 50代

    腰痛が着用前はひどく、仕事中が腰ベルトを着用していました。ひざ痛は左に体重をかけた時に強く感じていました。最初は腰ベルトをひざサポーターを併用していましたが、3日目あたりから腰ベルトが必要なくなりました。1日中同じ場所に立ち続けている作業なので、ひざサポーターで楽に立ち続けることができました。

  • 50代

    4時間立って仕事をした後、歩いて帰った時、心なしか足どりが軽い気がしました。

  • 50代

    ひざ部分のしめつけ具合はちょうど良く、ひざが軽くなったような、足が軽く上がり歩行が楽になるような感じがしました。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。
※法令順守(薬機法)の観点よりレビュー上の表現を一部修正させていただいている箇所がございます。

着用方法とサイズの選び方

  • 着用方法
  • サイズの選び方
  • 1

    前面マークのアルファベットを確認します。

    太いゴム部のある方が上、アルファベットが見える方が前
  • 2

    ひざの皿に、○部分をあわせて着用してください。折れ、めくれがないように均一に伸ばして着用してください。

    右ひざ用着用時
    右ひざ用着用時
    左ひざ用着用時
    左ひざ用着用時

<着用時の注意>
シューズに左右があるように足の構造や機能は左右ではありません。必ず、右用。左用を確認して着用ください。


●指定以外の部位に使用しないでください。正しい位置に着用してください。
●爪をたてたり、一気に引き上げたりしないでください。

※装着位置がズレると、適正な効果が得られませんので、注意してください。
※効果の表れ方には個人差があります。

S M L LL
ひざ頭周囲 30~35cm 34~38cm 37~41cm 40~45cm
※男女兼用です。

※ひざを軽く曲げた状態でひざ頭の周囲を測りサイズを選んでください。
※2つのサイズをに該当する方は大きいサイズの方をお選びください。